高値か安値加えて終値と始値を示していて

外国為替市場である外国為替証拠金取引を、詳しく追求していきます。

FXのやり方は、二種類のお金を交換して両方の差し引きした利益を儲けられるという方策です。

このように二つのお金の関係で生み出される差益金額をスワップ金利といいます。

このスワップ金利は、正式にはスワップポイントと呼ぶそうです。

外国為替証拠金取引(FX)のスワップ金利とは、一日ごとに得られますが、その為替相場の変化により異なってくるそうです。

このスワップ金利(スワップポイント)を得ることを目当てに、FXの取引を行っている人たちもいるのです。

スワップポイントは、そのFX業者それぞれで違うところがあるためちょっとでもスワップポイントが高いFX業者でトレードしたいですね。

しかしながら、スワップ金利(スワップポイント)は為替が変わってしまうと変動するので注意をしてください。

もう一つ為替取引をやる時は図表を読めるのが大切になります。

こうしたグラフを読み取れれば為替の動きを理解する可能となると言われています。

外国の為替に慣れていない人が見た時何を表しているチャート?などとわからないと思うかと思いますが重要ポイントをわかっていればグラフを読み取る事が出来るようになるそうです。

この時期から日本円が上昇するあるいは下がるだろう等このタイミングが一番円安だとこのチャートを見る事で判別が出来為替取引をするにはこの上なく役に立つ情報となるようです。

上記のグラフは、日本では普通ローソク足(陰陽足)が使われるのが普通でローソクの形みたいなグラフで表示されています。

そのローソク足を使って高値か安値、また終値・始値等を表示されていて図表上で様々な格好となって行くのです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク