飛ばしはゴルフの醍醐味

誰しもが300ヤードとは言わなくても260~270ヤードぐらいは飛ばしたいと思っっている。

万が一、これくらい飛ぶようになってもあと10ヤードとそのときの飛距離に満足するはずがないのは、ゴルフをしたことのある人間だったらおわかりになるだろう。


ここが人間の弱いところで、もしかして、この欲望がなくなった時はみんな大叩きはなくなるかもしれない。

ゴルフは人生と同じとたとえられるが、何かを手放すと何かを手に入れることができるスポーツかもしれない。


私が若い時に、千葉のトーナメント開催コースを仲間と回ったことがある。

全員80代では回る実力。

その中野1人は、肉体系の仕事をしていたのでドライバーの飛距離は300ヤードを飛ばす猛者だった。


そこへメンバーさんが1人入ってきたのである。

私達よりは15年ほど先輩で、ドライバーの飛距離はせいぜい200ヤードぐらい。

セカンドショットはロングアイアンかウッド系。


でも上がってきたら36,37の1オーバー。

みなさん、どう感じますか?

カテゴリー: 未分類 パーマリンク