青魚と蕁麻疹

青魚は当たるとよく言われますが、その原因の多くは「ヒスタミン中毒」だそうです。

多量のヒスタミンを含むサーバなどの青魚を食べるとアレルギー様食中毒を発症します。

青魚の赤みには「ヒスチジン」というアミノ酸が多量に含まれていて、それが微生物の働きで分解されるとヒスタミンが生成され、魚肉に蓄積されていきます。

そしてヒスタミンが蓄積された魚を口にすると、ヒスタミン中毒によりさまざまな症状を起こすというわけです。

青魚によるヒスタミン中毒を防ぐには、買ったらすぐに冷蔵庫に入れ、常温で放置しないことが一番です。

加えて厄介なのは、ヒスタミンは熱に強く加熱しても分解しないことです。

ヒスタミンが蓄積すると似ても焼いても中毒を起こしてしまうということになります。

さばが筋目にされることが多いのもアレルギー様食中毒を防ぐための知恵なのです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク