難しい会社に分かれてしまいます

多種多様にある融資の審査の立場から比較してみると、その審査基準も多種多様であるということが図れます。

一言でキャッシングと呼んでも、銀行であったり大手のものであったり、さらに闇金融などます。

それらを見た際、明らかに、審査項目が甘い会社、厳しい会社と、はっきり分かれるのです。

まず初めに、同時にお金を借り入れる数は、3社というのが基準と言えます。

借り入れ会社が三社以内で、キャッシングをしている金額が年間の収入の3分の1以下であれば、銀行系でも手続きに通る確率は高いはずです。

金融機関はたいてい利子が低く設定していますので、利用するなら金融機関系がよいでしょう。

融資を受ける件数がもしも融資を受けている件数が四件を超えている際は、銀行系は難しくなるといえます。

なのですが、2006年以降の出資法等や貸金業規制法の法改正により、利子が引き下げられ、金融機関系では手続きがパスしずらい方向にあるようです。

金融機関もで、より一層審査項目に対して通りづらくなるはずです。

審査基準の幾分あまい会社とうわさの企業でも、むやみに手続きに申し込めばよいことでもないはずです。

もしも、前にその企業に当たって情報を調査せずに申込みをして、審査に通らなかった時は、その個人情報は個人信用情報機関に記録されるのです。

信用情報機関に保存される時間は三ヶ月~六ヶ月ですので、その間、個人信用情報機関の情報が汚れてしまうこととなってしまします。

汚れたからといってただちに借りられないことでもないのですが、その情報を参考にするキャッシング会社の審査項目には、間違いなく、少なからず影響があるといっていいでしょう。

割に甘いといわれている審査基準をする業者でも、個人信用情報機関に情報が登録されるいることによりキャッシングできなくなることも起こってくる可能性がでてきます。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク