虫よけ(蚊、アリ、ノミ)



虫よけ(蚊、アリ、ノミ)
もし虫よけにアルコールが入っていても気にされないのであれば、これがよく効きます。


**材料**
・アルコール 500ml
・クローブ (ホール)   100g
・ベイビーオイル、または同様のオイル 100ml
(アーモンドオイル、ゴマ油、カモミールオイル、ラベンダーオイル、フェンネルオイルなど)
作り方:
1.アルコールにクローブを漬けて4日間寝かす。


2.毎朝・毎夕、1をかき混ぜる。


3.4日後、オイルをアルコールに混ぜる。


**使い方**
数敵を腕や脚の皮膚にすりこみます。


蚊などが部屋から出ていくのを見ることができるでしょう。


ペットのノミ除けとしても使うことができます。


****************
【訳注】
・上記に「ペットのノミ除けとしても使うことができます」とありますが、犬と猫にはご使用は避けて下さい。


・また、クローブのエッセンシャルオイルは刺激が強いため、妊娠中の方、敏感肌・アレルギー肌の方には使用しない方がいいことになっているようです。

これはエッセンシャルオイルではありませんが、念のために該当される方は、肌に直接の使用は避けられる方が無難でしょう。


【コメント】
旦那がいうところによれば、オレンジにクローブを差しておくだけでも部屋から虫が出ていくそうで、どうもクローブがいいようです。


クローブは突然の虫歯の痛みにも使えますし(口に入れて噛む)、インドカレーやチャイにも入れることができる便利なスパイスです。

粉のものではなく、T字形のものをそのまま使ってください。


ただ、キャリアオイルについては、例えばジョンソン・アンド・ジョンソンのベビーオイルには発がん性物質が含まれていますので、ベビーオイル全般は避けた方が無難ですね。


家庭消費用のものでしたら、料理にも使えるオリーブオイルも使いやすく癖がないのでおすすめです。


この写真をよく見ると、虫よけを塗った方の手に一、二匹だけチャレンジャーな虫がついていますね。

なぜか親近感を感じてしまいます。


経絡治療の神髄は正確な経絡虚実の補寫にある これで正確な治療が可能となる
経絡治療で気を整えます。


成果を求めるなら 正確な経絡測定が肝心要です。


鍼灸治療でも痒みを治療できますもちろん保険でも治療できます鍼灸レセプト保険申請ソフトはりま王で対応します

カテゴリー: 未分類 パーマリンク