絶対に冷蔵庫に入れてはいけない野菜

働く女性のための総合サイト「マイナビウーマン」 で
専門家による『冷蔵庫に絶対入れてはいけない野菜』ということで
紹介されていました。

内心【絶対】っていう言葉に少し抵抗感があったけど・・本当かな?

その内容は、

↓↓↓↓↓↓ここから

栄養学者の話によると
通常、冷蔵庫は「腐らないように」「日持ちするように」と何でも入れればいいと
誤解している方がほとんど。

 
冷蔵庫に入れると変色したり、味が一気に落ちる野菜や果物があると説明。


さらに、
美味しく食べるために真夏でも「室内温度で保管すべき」と野菜と果物を
下記に紹介していました。

●野菜
トマト
なす
パプリカ
バジル
きゅうり
しょうが
ズッキーニ
じゃがいも
タマネギ
にんにく

トマトは収穫後にエチレンガスを発生させ追熟するので、
完熟しきっていないトマトは、室温で熟させるとおいしくなる。


又、
冷蔵庫の野菜室にいれると香りやも味も損なわれてしまう。


エチレンガスが他の果物も熟させてしまうので、
トマトと果物はわけて保管したほうがベター。

ジャガイモ、タマネギ、ニンニクについては風通しのよい冷暗所に保存。

●果物
パイナップル
洋梨
りんご(1週間以内に完食)
バナナ
グレープフルーツ
みかん
マンゴ
オレンジ
パパイヤ
メロン
スイカ
レモン

バナナは冷蔵庫に入れると、茶色に変色し甘さが減る。


洋梨は室温で保存したほうが、柔らかく甘くなる。


完熟しているものであれば、2、3日は冷蔵庫で
保管してもいいが、すぐに完食が条件。

↑↑↑↑↑↑ここまで

いかがでしたでしょうか?

上記の野菜や果物で冷蔵庫に入れた方がいい、よくないが賛否両論
あると思いますが、実際にやってみて検証した方が得策かと思います。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク