終身雇用は本当に破たんしたのか

30年ほど前までは、会社に入れば一生安泰の終身雇用があったはずだ。


それが今ではそんな話など無かったことになっていると思うくらいにリストラや減給が当たり前になっている。

景気が悪くなってくると会社は商品の値段を上げることよりも社員をリストラしてコストを削減するようになった。

社員は会社の中でかなり大きなコストなのだ。


だからそのコストを削減した、ただそれだけのことなのだ。

しかしその社員にしてみれば堪ったものではない。


会社に多くの時間を捧げてきた挙句、切られるというのはまともな精神でいられるわけもない。


次の仕事がろくにも決まらず、日雇い労働に行ったりプロミスなどで借り入れるなどをして食い扶持に当てているのだ。

まだ終身雇用などがあるとは思っていないほうが精神的に悪くないことなのだろう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク