確定申告を忘れた場合はどうするの

確定申告はあなたの所得を計算し、納税額を決める大切な手続きです。


この確定申告を忘れた場合はどうなるのでしょうか。


まず、確定申告を忘れる場合として、サラリーマンが確定申告が必要なのにしていない、1年間の収入が予想以上に多かった、自営業で確定申告そのものを忘れていた場合が考えられます。


自営業の場合は納税額が決まらないことになりますから、税務署から問い合わせの連絡が来ることでしょう。


また、サラリーマンが必要な確定申告をしないケースとしては、控除の申請ができるのに気づいていないとか、副収入がありながら、それを申告しないケースがあります。


副収入を申告しないのは脱税行為に他なりません。


決して勧められることではありません。


後で税務署から追徴課税されるのが落ちでしょうね。


また、奥さんがパートで働いている場合には収入が配偶者特別控除の上限を越える場合があります。


ほとんどの人は上限を越えないようにされているでしょうが、予想外に仕事をしてしまうこともあるでしょう。


そのことさえ気づかない人もいますね。


税務署が気づかないと考えるのはちょっと甘いのです。


調べればすぐにわかってしまいます。


また、法律上では過去7年に渡って追徴課税することができますから、所得税を逃れることはできないのです。


事情はどうでもいいのですが、確定申告を忘れた場合には、後からでも修正申告ができます。


間違ったことを自分で認めることによって、追徴課税されることはありませんから心配しなくてもよいのです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク