生理前の腰痛

生理の前になると体調が悪くなる女性がいます。


『月経前緊張症』と呼ばれるものですが、生理が始まる数日前から、
頭痛、下腹部膨満、吐き気、めまい、倦怠感、情緒不安定、腰痛など、人によって程度の差はありますが、
このような症状が出ます。

生理が始まると症状が軽くなったり、症状が全くなくなったりします。


生理のときに感じる痛みには、黄体ホルモンが大きく関係しています。


黄体ホルモンは子宮を収縮させるプロンスタグランジンという物質を分泌させます。


この物質が分泌される量が多くなると、下腹部に痛みを感じたり、腰痛を引き起こしてしまうのです。


福辻式腰痛でストレッチして
早めに腰痛を改善しておきましょう。


生理前の腰痛をはじめとする様々な症状は、精神的な面にも大きく左右されます。


月経前緊張症候群に悩む女性は、神経が細かい性格の人が多い傾向にあります。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク