為替取引初心者の人が見た時

外国為替市場としてのFXに関して分析してみましょう。

FXのやり方は二つの異なる国のお金を交換することにより二国の通貨の差引額を受け取るとの手法となります。

このような二つの金の関係で生み出される差益金額をスワップ金利をいうのです。

スワップ金利というのは正確にはスワップポイントといっているらしいです。

FXのスワップ金利というのは、一日ごとにでも受け取れますがその時の為替の相場の動き次第で違うのです。

このように外国為替証拠金取引のスワップ金利(スワップポイント)を得ることをねらって、外国為替証拠金取引の取引をやっている人たちもいるらしいです。

スワップポイントは、そのFX業者によって違ってくるので可能な限り差益金額が高い取引業者でやり取りしたいものです。

しかし、スワップポイント(スワップ金利)は為替レートが変わると一緒に動くので用心しましょう。

同時に、トレードをする際には図表を読み取る事が大切になります。

こうした図表を読める事で、為替の動き方を読み取る事が出来ると言われます。

外国の為替初心者の方が見ると、何の為の図表ですか?のように難しいと思えるのでしょうけどツボをつかんでいることで図を読む事が可能となるそうです。

この時期から日本円が上昇する又は下がっているという風に、今が最も円安だろうとこのグラフを読む事で判別する事が出来為替トレードをする際は大いに役立つ情報源となるはずです。

ここで言う図は、日本では一般にローソク足(陰陽足)が使われるのが通常でその名の通りローソク形のチャートで作られているのです。

ローソク足によって高値や安値、また終値とか始値等を表現されていてチャート図は多種多様な形状となっています。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク