永遠の命のシンボル

[蔦] ツタ つた Ivy
   蔓のある植物の総称 古い建物の壁横にへばりついているアレ

皆さんの中にも目にしている人は大勢いることだろう。

私はつい最近まで勘違いしていたのだが、壁にへばりつくアレは自然とそうなるのではなく、壁の装飾として栽培されている場合がほとんどであるそうなのだ。

粘着性のある気根を使って垂直に這い上がるアレは、調べてみると意外や意外。

永遠の命のシンボルとして用いられ、さらにその花言葉は忠実、結婚。

どっかの紫陽花とは大違いである。

しかし地域によっては纏わりついたものを枯らすイメージもあるので一概にいいとは言えない。

やっぱり。

家の壁に広がった蔦がもたらすのは永遠の命かそれとも盛者必衰か…。

アイフォンソフトバンク

カテゴリー: 未分類 パーマリンク