残価設定ローンとは

残価設定ローンとは、自動車ローンの一種です。


購入する車をあらかじめ2~3年で下取りに出すという前提で、
車を購入するタイミングでその時点での残価設定を行い
支払いは差額をローンとして組んでするというものです。


実際300万円の車を買うときに300万円のローンを組む必要があるのは
そのまま自動車ローンを組んだ場合です。


2年後に120万円で車を下取りに出すことにしている場合、
180万円のローンを組むのが、残価設定ローンというものです。


ローンの返済負担が少なくなることでできるようになるのが、
長年憧れていたワンランク上の車を買うことです。


リース契約ににた方法のようですが、残価設定ローンでは、
ローン完済後は3つの選択肢があります。


1つ目は次の新車に買い替えるという方法です。


3年も経過すれば新しい車が出ています。


3年も経てば新しい車が販売されます。


数年前にはなかった機能がついている場合もよくあります。


新車をいつも乗りつづけたい人にはメリットです。


もうひとつは、車をはじめの予定どおりに
販売会社に返却するというものです。


結婚や引っ越しなどで車が不要になる人もいますし、
3年も経てば生活にさまざまな変化がおこるものです。


残価を一括払いにすることで、自分で車を買い取るというのが、
3つ目の方法です。


愛着をもって3年間も使ってきた車を、
今後も自分のものにしたいとあらためて思う人もいるはずです。


残価設定ローンを利用して車を買っておけば、
3年後に改めてライフスタイルに合わせた車の持ち方が選べます。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク