新5千円札が登場か…?!

え? 新5千円札が出るの?
と、思ったので調べてみると
どうやら、現行の5千円札をリニューアルするとの事。

樋口一葉デザインが新5千円札として出たのが
2004年の事ですので、10年経たずにもう変わるの?
と思ってたのですが、早とちりでした。

樋口一葉の前は、新渡戸稲造の肖像でしたね。


このデザインが新5千円札として登場したのは1984年。


発行当初は新渡戸稲造って誰だ?!と思ってたものですが
「武士道」を書いた人だったんですよね。

武士道といえば、質実剛健、身なりには気を使わない!
というイメージがありますが、
実は侍というものは、意外にファッションに気をつけてまして
鎧兜や甲冑なんかは、表側は質素ですが裏地に鮮やかな色を配する等
お洒落具合でも競ったそうです。

江戸時代に入ると侍ファッションも通好みな感じで
柄は地味だけど布地に高価な者を使ったり、小物使いに凝ったりしたそうです。

その点では、今のファッションとも通ずるものがありますよね。


侍ファッションに見習って、流行を追うばかりでなく
自分なりの一工夫をしてみるのも、いいかもしれません。

さて、新5千円札といいますか、5千円札のマイナーチェンジですが
お札左下の透明なシールを改良して
視覚障害者の方たちに識別しやすい様にするそうです。


こんな改良なら、どんどんして欲しいですね。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク