愛ちゃん二世と言われる石川華純さん

石川華純さんは1993年2月に山口県山口市に生まれ、元卓球選手の両親のもとに生まれ、山口市立平川小学校1年の時から、卓球を始め、3ヶ月で全日本選手権のバンビの部に出場して、顕著な成績をおさめ、才能のあるところ見せました。

自宅に卓球場を作り、母親の指導のもとで練習を重ね、小学校6年では、3回戦に進出し、愛ちゃん二世と言われるようになりました。

ミキハウスJSC卓球部に所属し、寮生活を送りながら卓球の腕を磨いています。

ロンドンオリンピックのシングルスで4位入賞、団体では福原愛さん、平野早矢香さんと共に、2位となり、銀メダルを獲得しました。

今後の活躍が期待されています。

卓球選手の求人は、卓球部を持っている企業からのオファーによることが多く、石川華純さんのように実力があると、各社から求人があり、実業団で強い企業へ就職することが多いようです。

一般的に運動選手の求人は、運動選手が規則正しい生活をしていて、上下の関係もはっきりしていて、礼儀正しいので会社が歓迎していて多いです。

選手の側が自分の実力を伸ばせそうな企業を選択して就職するようで、売り手市場であると言えます。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク