意外な人物の訃報

最近、意外な人物の訃報をよく見かけるようになったような気がする。

けっこう年だった方もいれば、まだお若い方、

さらには、けっこう好きな人だったが、

失礼ながら、没後、半年も経ってから、

ようやく訃報に接する、というケースもあった。

最近では、亡くなってすぐに訃報を公開せず、

近親者だけで密葬とし、

全部終わってから公開というパターンが増えているようだ。

もちろん、故人の意思など、あるのかもしれないが、

それにしても、有名人などの場合は、

ファンなどにしてみれば、

それでは寂しすぎるような気もしなくもない。

このあたりは、非常に難しい、デリケートな問題ではないだろうか。

もちろん、故人の意向が最優先なのだろうけど。

アイフルATM

カテゴリー: 未分類 パーマリンク