当然影響があるでしょう

様々ある融資の手続きの視点からチェックしてみると、基準も多様にあるとことがわかります。

一言でキャッシングサービスと呼んでも、銀行系のものであったり大手のものであったり、独立系のものなどあります。

キャッシング業者を見た場合、当然ながら審査基準が簡単な会社、その逆の厳しい会社に、はっきり分かれます。

まず、合わせて借り入れる件数は、三社というのが基準と言われています。

お金の借入れ件数が三社以内で、お金の融資をしてもらっている金額が一年間の収入の三分の一より少なければ、金融機関系でも審査基準に通る可能性は高いといえます。

銀行系はおおかた金利が少なめに設定されていますので、利用をすることであれば金融機関系がお勧めでしょう。

キャッシング件数がもし四件を超えている場合は、銀行は難しくなります。

但し、2006年からできた制度の貸金業規制法や出資法などの法の改正により、利息が下がり、金融機関ではキャッシングの審査が難しくなってきている傾向にあります。

金融機関系でも、一段と審査基準に対しては慎重になっていると思います。

審査の幾分あまい会社と人気のキャッシング会社でも、安易に審査依頼するればよいことでもありません。

もし、事前にその企業について情報を調査せずに申し入れをし、手続きに通らなかった場合は、その審査情報は個人信用情報機関に保管され、信用情報機関に登録される期間は3ヶ月から6ヶ月です。

その際、個人信用情報機関の個人情報が汚れてしまうということになります。

汚れたからといってただちに借りられないということでもでないですが、その個人記録を閲覧する企業の審査には、当然なんかしらの影響があります。

大方甘いといわれている手続きを持つ会社でも、個人信用情報機関に記録が登録されるいることにより借りられなくなることも起こってくるかもしれないのです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク