嵐コンサートのため、シンポジウムの日程が変更に

日本質的心理学会が10月3日、4日に宮城教育大学にて
第12回大会を開催するそうです。


しかし、この日程は変更された日程で、元々は9月19日、20日に行われる予定だったのだとか。


なぜ変更されたのかというと、
嵐のコンサートがその日に開催されるからという理由なのだそうです。


先日はシステムエラーでホテルの予約が数千件になってしまったというニュースもありましたが、
これも仙台で行われる嵐のコンサートに関係するものでした。


これほどまでに過酷な宿泊先の争奪戦が行われる中、
シンポジウムに参加する人の宿泊先がなくなってしまうことを懸念した形で
開催日の変更が決定されたようですね。


嵐の熱狂的なファンの中には、モビット店舗検索でお金を借りてでも
絶対にライブに行きたいと闘志を燃やしている人も多いと思います。


賛否両論あるようですが、せっかくのシンポジウムに参加するのに、
宿泊先がないのは問題だと思います。


シンポジウムにも嵐のコンサートにも関係ない私ですが、
はた目から見ると英断なのでは?と思いました。


無事にどちらも成功するといいですね。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク