富沢一誠、紅白に引導?!

音楽評論家の富沢一誠さんが
週刊誌のインタビューにおいて
「紅白歌合戦はとっくの昔に死んでいる」
と答え、話題になっております。

富沢一誠さんといえば、テレ朝の深夜帯に
音楽番組をやってらした方ですよね。

おそらくJポップ関連のお仕事が主体なので
こんな大胆な事が言えるのでしょうね。

富沢一誠さんに限らず、評論家という職業は
何かしらのヒモ付きでないと生活が成り立ちませんので
言ってる事は話半分で聞かないとバカをみるのは
我々、一般人であります。

どんな職業にもクライアントというのは存在しますので
それ自体を責めるものではありませんが
評論家という人達は、自分たちが公平公正で客観的な意見を
皆さんに教えて差し上げているというスタンスでいるのが
非常にタチが悪いんですよねぇ。

タチが悪いというと、
世間には悪徳業者というものがありますが、
それに引っかかると酷い目にあってしまいます。

例えば、悪徳業者の美容製品を使って
肌トラブルに見舞われた
というのもよく聞く話です。

美容は種類が多岐に渡っていますし
何を基準にして選べばいいか難しいですよね。


そんな時は、美容サイトに行って
口コミを頼りにするのは如何でしょう。


実際、試してみた人の意見というのは貴重ですし
いい判断材料になりますよね。


口コミ美容サイトを検索して、安心して美しくなりましょう。

さて、富沢一誠さんですが、
この発言で注目を浴びて、コメント仕事が増えるんでしょうか。


辛口コメントを言えば、喜ぶと思ってるようなら、
とっくの昔に死んでいるのはご自身かもしれませんよ。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク