家族葬は何故こんなに安いのか

新聞広告を見ると最近は家族葬を選ばれる方が増えていることが分かります。


宣伝するということは葬儀業者側も家族葬を勧めているということなんだと思います。

家族葬とはその名の通り、親子や親戚だけで開く葬儀形式のことですね。

親元に帰らない人も多いわけで、そうなると昔ながらの付き合いなんてものもなく、転勤などもよくあるためにそれほど多くの人が参列することもないです。

そんな近所付き合いが薄まっている時代なので、身近な人だけで最期を見届けることが多く、葬儀業者側もそれを察知して格安で納められるように余計なものを省いてセットとして売り出しているんですね。

確かにこれからは出生率よりも死亡率のほうが高まる世の中ですし、お金に余裕のない人も多いので、今の時代に適した葬儀方法なのかもしれませんね。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク