家事を夫が手伝ってくれない家庭は多いらしい

夫が家事を手伝ってくれたのは結婚当初だけ、子供が産まれたときだけ、というご家庭は多いようです。

最初は「僕も家事を手伝うよ」なんて優しいことを言ってくれたり、料理・洗濯・買物は妻、掃除・片付け・ゴミ捨ては夫というように表に書いて家事を分担するとまで言ってくれたりしたものが、時が経てば気が付いたら何もしなくなっている、ということすらあるようです。

決まって「仕事が忙しくなった」「夜遅くまで付き合いが増えた」なんてことを言いだしたりするものなんです。

実はこれ、かなりの割合でこういうご家庭があるようです。


寂しくなっちゃいますよね。


毎日家にいて養ってもらっている妻としては仕方ない部分もあるわけですが、自分から言い出してくれてたのにそれを守らなくなるっていういい加減なところが気に食わないんですよ。

子供は育てば育つほど手が掛かるようになってくるのに、夫は面倒なところは押し付けてくるから頭にきます。


それでも夫婦でいる以上は仲良くやっていかなければ破たんしてしまうので、多少の我慢も必要なのでしょうね。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク