取り引き通貨を吟味するときには

負ける投資家の特徴は、小さな損失が心配で損切りを渋ることなのでしょう。

最も取り引き量が多いニューヨーク市場がオープンする時間帯にはレートの値動きが激しいので、このタイミングをうまくつかむと利益をあげやすいです。


テクニカルとファンダメンタルズ分析の両方にアタックして市場のトレンドを総合的に種々の視点から観測するようにするのを理想としてください。

24時間売買可能だからこそ、一番収益をあげやすいチャンスを待って儲けるようにしたいものです。


分散投資と言っても、状況のよく分からない国の通貨は資産構成に含めないで、むしろ本当にトレンドを掴みやすいものに集中すべきかもしれません。

儲けがプラス転換してすぐに決済すると儲けるには程遠いですから、利益が最も大きいときまで待ってより高額の収益を得るべきですね。


-本日の為替格言-
知っているようで知らない委託介入
「委託介入」からはじまる、為替相場安定のため、東京市場以外の市場で介入を行う場合に、日銀が各国の中央銀行に頼んで介入をしてもらうことです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク