全英オープン2014

ロリー・マキロイが勝ちましたね。


3日目終了時点で2位と6打差あったので、
よほどの大崩れが無い限りマキロイの優勝と思っていました。


セルヒオ・ガルシアのスイングが非常に安定していたので、
パット次第では優勝の可能性があると思っていましたが、
案の定途中までは優勝の可能性が十分でした。


でも最後の3ホールのパッティングが追いつけなかった要因と思います。


でもゴルフの内容が良いので近く、メジャータイトルを取るような気がします。


リッキー・ファウラーは最終組でのラウンドがネックのように感じました。


スイングが横ぶりすぎるように思えたので、ショットのラインが上手く出し切れないように感じました。


1パットでしのいだホールが多かったので2位タイにはなりましたが、
一つ間違えれば10位にさえ入れなかったのでは?と思います。


Tウッズの回復に興味津々でしたが、
結果は6オーバーですが、
腰の手術後の復帰二戦目のメジャーとしては上出来と思います。


やはりウッズが活躍しないとゴルフ界はいまいちです。


早期のメジャー優勝を期待します。


日本勢は小田と松山が決勝に残りましたが、
リンクスのゴルフコースは日本には無いと言っても過言でないので、
全英オープンは日本人にはちょっと難しすぎると思えます。


幼少時から英国で練習する環境が必要なのでしょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク