個人信用情報機関の個人情報

いろいろあるキャッシングサービスの審査の立場から比べるてみると、その審査もまた多種多様であるということが図れます。

ひとくくりにキャッシングサービスと呼んでも、金融機関であったり大手の企業であったり、そして独立系のものなどが存在し多種多様です。

キャッシング業者を検証した際、自然に、審査項目がゆるい会社その逆の通りづらい会社と、はっきり分かれてしまいます。

同時期に融資を受ける業者は、多くて三社というのが判定の目安と言われています。

お金の融資をしてもらっている業者が3社がキャッシングをしている金額が年収の3分の1より少なければ、金融機関であっても審査基準に通過する確率は高いはずです。

金融機関系はたいてい借りたお金に対しての利子が少なめに設けていますので、利用することであれば金融機関系がよいでしょう。

キャッシング件数がもし4件を上回っている場合、金融機関系は難しくなるといえます。

しかし、2006年の出資法等や貸金業規制法の法の改正により、利息の上限金利が引き下げられ、銀行ではキャッシングが通りづらい方向にあるはずです。

銀行系でも、一段と審査基準に対して厳しくなるはずです。

審査の幾分あまい会社と有名な業者でも、闇雲に申し込めばよいということでもありません。

万が一、前もってその会社に関して情報を集めずに申込みをして、審査基準をパスしなかった場合、その審査項目は個人信用情報機関に登録されます。

信用情報機関に登録されるのは3ヶ月~6ヶ月ですので、その際、個人信用情報機関の記録が汚れてしまうことになります。

汚れたからといってただちに借りられないことでもでありませんが、その記録を参照する企業の審査項目には、明らかに、影響があるはずです。

大方甘いといわれている審査基準を行う業者でも、個人信用情報機関に個人記録が登録されるいることによりキャッシングできなくなることも起こってくるかもしれないのです。

無料サンプル
http://ufbhirc.wpblog.jp/

カテゴリー: 未分類 パーマリンク