マー君がダルビッシュより年棒が2倍以上高い理由

大リーグのスカウト団のなかには、投手としての実力は田中よりダルビッシュのほうが上だと言い切る人物もいるそうです。

でも、両者の平均年棒を比較すると、ダルビッシュが1000万ドルに対してマー君は2214万ドルとなっています。


これって、どういうことなんでしょうか?

実は、最後まで競ったのはカブスと言われていますが、
4年連続勝率5割以外のチーム状況では、マネーゲームになったとしてもマー君を獲得したかったと噂はありますが、
それだけなんでしょうか。

やはり、今回の交渉は代理人の貢献度が高いように思います。

カブスは利用されていたのではないかという声すら聞こえてきます。

ヤンキースがもし昨シーズンにプレーオフに進出していれば、
ここまで上がらなかったかも、しれませんね。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク