ハコフグの帽子をかぶっているさかなクン

さかなクンは、魚類の生態に詳しいタレント、魚類学者で、2006年から東京海洋大学客員准教授に就任して、後進の指導をしています。

生まれは東京都で、東京水産大学を目指して学習しましたが、日本動物植物専門学院アニマルケアー科に進学しました。

1993年高校3年で、東京テレビの「TVチャンピオン」の第3回全国魚類選手権で準優勝してから、同番組の常連になり、専門学校卒業後に、魚のイラストを書いたり、テレビのドキュメンタリー番組に出たり、魚類の専門家として活躍しています。

2010年に絶滅していたと思われていたクニマスを発見し、2012年7月には、内閣総理大臣賞を受賞しました。


さかなクンのように、一芸に優れている人は、求人する側から見ると、魅力があるので、就職に困ることはなく、現在では大学の准教授の他に、農林水産省のお魚大使、千葉県立安房博物館の客員研究員とか、多くの仕事に従事されています。

求人に応募するときは、自分の強みを強調して、強い印象を与えることが、就職活動に成功する秘訣であると思います。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク