テレビ・新聞は、イメージ広告が多い。 長期間かけ、企業のブランドを、浸透させようとしている。

テレビ・新聞は、イメージ広告が多い。


長期間かけ、企業のブランドを、浸透させようとしている。


面白いのが、自動車の損害保険の広告です。


テレビでの放映が、激減したと思いませんか。


生保のアフラックが、テレビでしつこいぐらい放映していますが
それだけの効果を出しているのでしょう。


グレー金利の撤廃で、サラ金の広告が、ほとんどなくなりました。


時代の流れで、自動車の任意保険の加入サイトによる効果がすごいのだと
思います。


自動車保険の比較サイトは、良く出来ています。


一言もしゃべらなくて、契約出来ました。


2003・4の時点では、テレビの宣伝合戦だったと記憶しています。


2005年以降になると、テレビでの宣伝が減ったと感じます。


正確に、統計とっていないので、わかりませんが、
電通あたりでは、当たり前のような統計です。


ネット広告・ECの伸びは、広告業界へも相当な影響が出ています。


広告業界も、テレビ・新聞・ラジヲと分かれていたが、
そこに、ネット広告が新種として登場。


テレビ・新聞の次にランキングされることとなった。


ユビキタス社会への移行がスムーズにいけば、
ネットが、新聞より広告メディアとしての価値が上がり、
ついには、テレビをぬく・・・。

そんな時代になるのか。


テレビが、新聞を抜いたのは、1960年代と聞いている。


ほんの40年ぐらい前だ。


ネットの広告を、他のメディアと分離せず、
今回は、インタネット広告の現状をまとめてみました。


デジタル学習の登竜門も御覧ください

カテゴリー: 未分類 パーマリンク