シグナルを出しませんので

たいていは、ポンド/円や、ポンド/ドルは値動きがわりに激しいため、デイトレード向きの通貨といえるでしょう。

大事なことは、どんな策略でも利益も出ますし損失も出るということなので、留意しておきましょう。


過去のチャートを見直しし、特定の通貨が影響を受けやすい材料の特殊性をちょっと確認できるようにしておくことはお勧めです。

だけど、最初のうちはそこそこマイナスを経験したほうが、後々入念になれるので、それも良いわけです。


ドルコスト平均法は、為替のもみ合い状態では実用的な売買の仕方ですが、下降トレンドではナンピン買いと同じですので用心が必要です。

勘だけで売買することなく、自分の取り決めをしっかりと作るようにして、理想のスタンスを目指してください。


「カントリーリスク」を考えて、投資対象国の政治、経済、社会状況、天災地変、通信障害の不安定化や混乱で損失を被るリスクのことです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク