キャッチボールクラシック

“先日、主人が社会人野球の遠征に行ってきたのですが、今回も成績は揮わず、練習不足を反省していました。


野球の基礎といえばキャッチボールですが、このキャッチボールに特化したゲームがあります。


その名も「キャッチボールクラシック」。


キャッチボールの正確性とスピードを競うゲームで、日本プロ野球選手会がキャッチボール普及のために開催している大会です。


ルールは、9人1チームで5人と4人に分かれ、7メートル離れた所で縦一列に並び向き合います。


スタートの合図で先頭の人が向き合った相手にボールを投げ、捕球した相手は次の向き合った相手に投げ返します。


投球を終えた人は列の一番後ろに並び、投球者と捕球者は次々と交代していきます。


これを2分間続け、より多くキャッチボールが成立したチームが勝ちとなります。


このゲームで肝となるのが、ボールコントロールです。


相手のどこに投げれば、捕球し易く、投球動作に移り易いのかを考えます。


正面で捕球すると投げる動作へスムーズに移行できる人もいれば、利き腕側で捕球する方が投球しやすい人もいます。


相手の得意とする所に投げることで、よりスピーディーなキャッチボールができるようになります。


ゲーム感覚で練習でき、練習の成果が即試合に反映されるキャッチボールクラシック。


是非、取り入れて見て下さい。


こちら

カテゴリー: 未分類 パーマリンク