キャッシングの利息

キャッシングの利息については、金融機関ごとに違っています。

たとえば銀行などはキャッシングの利息が低めに設定されているのですが、消費者金融などの民間の会社の場合には高く利息が設定されています。

それぞれの金融機関が決めているキャッシングの利息というのは、出資法という法律があるのですがこの法律によって定められていますが、現行法では最高の利息の利率というのは、29%といわれていますからかなり高めの利息であることがわかります。

それぞれの金融機関ではこの29.2パーセントという利息の上限以上はキャッシングの利息として設けることができませんから、その範囲内で利息を設定しています。

もしも、それ以上の利息でキャッシングをするというような場合には法律に違反しているので罰せられる対象になります。


キャッシングの利息というのは一般的には日割り計算です。

借りたお金の総額と、どれくらい借りていたのかということによって利息は違ってきます。

今の日本は低金利といわれているので利息も低いのでキャッシングを利用するという人は増えています。


バブル期前後の日本のキャッシングの利率は、今では考えられませんが、何と109%を超えている時もあるといわれていますからこれはかなり高かったことがわかります。

キャッシングはそれでも他のローンなどに比べると金利は高いですから、利息の面から考えると少額を短期間で返済するのが一番いい利用方法といえるのではないでしょうか。


PR広告
賢くキャッシングするならこちら

カテゴリー: 未分類 パーマリンク