ウイスキーづくり

最近、私がお気に入りなのが家族が寝静まった時に録画してある朝の連続ドラマを見ながらウイスキーを飲むこと。


お察しのことと思いますが、日本で初めてウイスキーを作った男と、外国から来た妻の物語のNHKドラマの「マッサン」です。


特にウイスキーづくりの解説がある回は思わずニコニコしながらグラスを傾けます
ホント言えば、ドラマの展開に合わせて、「山崎」もしくは「余市」なんかを飲んでいきたいものですが、そこまでお金をかけられないのでコストコで手に入れたブラックニッカを使っています。


ドラマの中では戦前のウイスキーの飲み方はストレートだけしかなかったのでしょうか。


山崎の初めてのウイスキーは、美味しくないと酷評でしたが、もしあの時代に水で割ったり、お湯で割ったりした飲み方をする人がいたらどうなっていたかな、とか思いながら見ています。


一説によると、水割りのウイスキーが普及したのは戦後になってからだそうです。


ウイスキーの飲み方の歴史を調べてみると面白いかなと思います。


私の好みで言えば、寒い季節はお湯で割ったウイスキーが一番好きです。

あ、でも「山崎」とか「余市」だったらロックにしますけどね。


ということで、今宵もお湯割りウイスキーで乾杯なんだな!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク