このようなスワップ金利ですが正しくはスワップポイント

外為市場のFX(外国為替証拠金取引)に関して見てみます。

FXでは貨幣を交換することによって両方の通貨の差益を儲けるとの方式なのです。

この二種類の通貨の中で発生する儲けをスワップ金利といっています。

このスワップ金利は正式にはスワップポイントと呼ばれるそうです。

FXのスワップポイント(スワップ金利)というのは一日でも得る事ができますけれども毎日のレートの動向で変わってくるとのことです。

このようにスワップポイント(スワップ金利)を取得することが目的で為替の取引をする人もたくさんいるようです。

スワップポイントはそのFX業者により違う点があるのでほんのわずかでもスワップ金利が高いFX業者でやり取りしたいと思いますよね。

しかしスワップポイントは為替の相場が動くことで変動してしまうので要注意です。

併せて為替の取引をする際にはグラフを読むのが大切になっています。

こうした図を読み取る事で為替相場の変化を予想する出来ると言われます。

外国為替ビギナーが見たら何のチャート?などとわからないと感じるでしょうけどツボを覚えていれば図表を理解する事が出来るみたいです。

いつから円が上がっているとか下がっているとかこの時が最も円安だとこのチャートのおかげで判断する事が出来為替トレードをやる際にはかなり大事な情報源となるのです。

ここで言うグラフはローソク足(陰陽足)が使われるのが普通でローソク形のグラフで表現されています。

そのようなローソク足(陰陽足)によって高値とか安値加えて終値・始値を表されていて図においてはいろいろな格好となって行きます。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク