あがり症は病気なのか?

小さい頃からあがり症を経験していると、あがり症とは病気だと思っている方もいます。

そのままあがり症が治らず、成人してから会社の中で、朝礼や社内の関係者を集めて報告会を行ったり、人前で話をする機会が急増するようになると、そのあがり症がどんどん大きくなる場合があります。

人前で話すといっても、会社で取り扱ってる商品の説明をするだけなのに、心臓はドキドキして頭は真っ白になり、額からは汗がだらだら流れるほどになると、頭の中ではこのままでは出世に響くと、考えがよぎります。

しかしこのような症状でも、あなたの知らないところで、トラウマを経験している場合があるので、そのトラウマを乗り越えられるような成功体験を少しずつ積み重ねるうちに、あがり症を改善することができる場合があります。


その方法はこちらを参考にしてみてください。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク